ツール・ド・九州とは

ツール・ド・九州とは

「ツール・ド・九州」は、九州の経済団体トップと各県知事で構成される九州地域戦略会議において、ラグビーワールドカップのレガシーの持続的継承や九州でのサイクルツーリズムの推進、近年九州を襲った自然災害からの復興を象徴するイベントとして開催を決定し、2023年秋の開催を目指し準備をすすめている、UCI(国際自転車競技連合)公認の自転車ロードレースです。

当大会は、世界を目指す競技者にとって飛躍する機会となるとともに、ロード・レースに関わる幅広い人材育成に寄与し、九州のサイクルスポーツの普及拡大、世界に誇れる美しい自然や風景を発信することによる地域ブランディングへの貢献などに大きな期待が寄せられています。

当大会がこうした期待に応えるとともに、地域の持続可能な開発目標の達成に資するイベントとなるよう、九州の経済界と行政がともに協力・連携しながら大会づくりをすすめていきます。

UCI公認レースのカテゴリーは
大きく分けて4つ

UCI公認レースとは

UCI(国際自転車連合)とは、自転車競技の国際競技連盟のことです。UCI公認レースになることで、集客力のある 「有力チーム(選手)」 の出場を確保しやすくなりレースの魅力が高まります。
UCI公認レースグレードは大きく分けて4つあり、上に行くほどよりハイレベルなチーム(選手)の招聘が可能となります。また、UCI公認レースに出場した選手は、順位に応じて付与されるUCIポイントを得ることで世界選手権やオリンピックなどの出場枠獲得にも繋がります。
ツール・ド・九州では、海外の有力チームも参加可能な、UCIコンチネンタルシリーズClass1を目指しています。

※自転車ロードレースには、1日(1レース)で完結する「ワンデーレース」と、 2日間(複数ステージ)以上に渡って開催される「ステージレース」があります。

現在、日本で行われている
国際レースは6つ

チームにもカテゴリーがあり、出場できるレースのグレードが決まっています。

UCIワールドチーム

世界のトッププロが集まる最上位のカテゴリーです。
ワールドツアー全レースに出場議務があります。プロシリーズ、コンチネンタルシリーズクラス1のレースにも出場可能。ナショナルチーム クラス2には出場できません。

UCIプロチーム

プロシリーズ以下に出場可能。(ワールドツアーへは招待で出場可能)

UCIコンチネンタルチーム

プロシリーズ以下に出場可能。日本に8チームあります。

ナショナルチーム

各国代表チーム。プロシリーズ以下に出場可能。

地域チーム/クラブチーム

地域等において編成されるクラブチーム。コンチネンタルシリーズクラス2のみ出場可能。